風水なび
コンテンツ
風水について
風水グッズ
風水で恋愛運アップ
風水で仕事運アップ
風水で家庭運アップ
風水で金運アップ
風水用語集1
風水用語集2
風水リンク集

家庭運について
 

なんだか知らないけれどいつもイライラ。もしかして会社作りのせい?おかげで些細なことがきっかけでケンカが絶えない、なんてことはありませんか? 狭い空間に一家で住まなければならない日本の住宅事情を考えれば仕方ないのかもしれませんが、風水では本来、「狭い家に沢山の家族」は生気に満ちあふれ吉相とされています。では何が問題なのでしょう?
どうやら、住居の内外にある「角」や「棘」が原因な場合が多いようです。窓や出入り口から見えるお隣の建物の角。自宅内の壁の曲がり角や、大きな柱の角。こうした角は風水では「尖角」と呼ばれ、建物全体の気を集めて放射する働きがあります。放射される気の力はバカにならないもので、長時間浴び続けると身体がおかしくなることも。ましてや狭い住居内に、沢山の角があったら気が乱反射してイライラするのは当たり前。
もしもお隣の角がこちらを向いていたら、鏡(できれば凹面鏡)を置いて気を反射させるか、亀の置物を置きます。亀の丸い甲羅が、カドを立てず丸く収めてくれます。自宅内の角には、観葉植物を置くか、吊り下げ用のクリスタル・クォーツ、丸い鈴などをぶら下げて、角をカバーするようにします。
一家団欒を楽しみたいなら、角張ったダイニングテーブルよりは、丸みを帯びたものにしましょう。他の家具類も、シャープなデザインよりは、なるべく丸みを帯びているものにしてみてください。雰囲気ががらりと変わりますよ。また、果物ナイフや包丁、フォーク、箸なども、「棘」になりますので、出しっぱなしにせず、洗ったらすみやかにしまいましょう。
食卓がどうしても暗くなりがちなら、西方位にテーブルを置いてみてください。西には「団らん」や「楽しみ」といった作用があり、たとえ精神的・経済的に苦しい家庭でも、一家に笑顔が戻ってくるはずです。ただし、西のテーブルは飽食を呼びやすくなる暗示もあるのでご注意を。

 

不動産運を司るのは、東北の艮宮。ここをきれいに清め、実現の石であるタイガーズアイやクリスタル・クォーツ、変化の石であるオパール、夢を引きつけるトルマリンなどを使って、簡単な形でよいですからパワースポットを造ってください。
自分の住みたい家がはっきりしているなら、それを絵に描くか、それに近い不動産広告などを、パワースポットの壁に貼ります。そして、自分がその家で暮らしている様子を繰り返しイメージします。移住を象徴する馬の置物を近くに置くと、その場所への引っ越しが早まります。もしも住みたい場所が決まっているなら、その方角に馬の置物を置くのも効果的。
ただし、馬の置物は、巳年生まれの人にとっては凶となるので、用いないほうが無難。馬の代わりにパワーストーンを使ってイメージングしましょう。


 

子供が病気がちで心配な場合は、ひょうたんを枕元に置くという風水術があります。東洋では、昔からひょうたんは薬や医療のシンボルであり、ヒーリングのイメージが気となって放たれるのでしょう。
男の子なら枕元の左側に、女の子なら右側に置くようにします。
また、体質改善を目指すなら、強力な浄化作用を持つクリスタルクォーツがおすすめです。クリスタルは力が強くても相性の善し悪しがなく、誰でも安心して持てる石で、心身共に安定していきます。もちろん大人が使ってもOK。クリスタルは健康運だけでなく、あらゆる幸運パワーを秘めている石なので、子供の将来に良い波動を送ることになるし、大人でも運気アップにつながります。

 

お姑さんとあなたの関係をみると、義理の母と子の関係になります。住居の中で母を司るのは、西南の坤宮。この方位は裏鬼門であり、「年老いた女性」を意味する場合もあります。また、対角線の東北方位は表鬼門であり、不動産運を管轄するので、こちらもおろそかにすると相続問題に発展しがち。
そこでまず、姑の気持ちを和らげるために、自宅内の西南と東北の場所を徹底的に掃除し、定期的に盛り塩をして邪気を払ってください。こうするだけで、何かにつけて難癖をつけていたお姑さんの小言は少なくなるはず。そして、お姑さんとあなたの部屋の両方に、邪念を払い精神を安定させるクリスタルクォーツかアメジストをを置きます。お守りとして、巾着袋に入れた小石を持ってもよいでしょう。
それでもお姑さんから攻撃されるようなら、翡翠やマラカイトやパールなどをお守りとして持ち、あなたが一番長い時間を過ごす場所から見て姑のいる方向に、観葉植物を置いて邪気をブロック。または、よく目に付く所に亀の置物を置くのもよいでしょう。亀は、獅子のように相手と直接ケンカせず、鏡のように邪気を跳ね返すこともせず、丸い甲羅の中でのんびり危険が過ぎ去るのを待ちます。亀の持つ「争わない」という精神、これもまた人生の一時期を過ごす知恵なのです。

 

2014/10/10 更新

Copyright(C)2008 風水なび All rights reserved.