風水なび
コンテンツ
風水について
風水グッズ
風水で恋愛運アップ
風水で仕事運アップ
風水で家庭運アップ
風水で金運アップ
風水用語集1
風水用語集2
風水リンク集

恋愛運について
 

風水では、恋愛運のこと「桃花運」と呼び、文字通り桃(ピンク)が恋愛の象徴です。ファッションや生活空間にピンク色や桃を象徴するものを取り入れると、恋の波動がアップします。
俗に「恋愛の石」と呼ばれるローズクォーツもまさしくピンク色をしており、恋を呼ぶパワーストーンとしての力も強力です。恋人が欲しい、異性とうまく付き合いたいという人は、大ぶりのローズクォーツを自分のパワースポットに置いたり、ローズクォーツの守り石を持ち歩くとよいでしょう。

もし色気がなくて困っている、もっと色っぽくセクシーになりたいと思っているとしたら、赤を取り入れてください。この色は、生理学的にみると体温を若干上げる効果があります。

誰からも慕われて、交際上手となり、良縁に巡り会える色があります。それは緑。緑は、交際運・結婚運を司る巽宮の色であり、色彩心理学的にも「調和の色」とされています。ぼっと燃え上がる恋よりは、長く続く穏やかな恋を望むなら、緑色がおすすめです。

逆に、なかなか恋愛運はアップしにくくなるのは、黒やグレーなど、モノトーンの色を多用している場合です。もちろんシックな色が似合う人はいますし、黒にはある種の魅力があることも事実です。しかしこと恋愛運・愛情運に限ってはNG。「彼氏とうまくいかなくて困ってる」「泥沼の関係から抜け出せない」という人に限って、不思議と黒やグレーで身を固めているのです。
そこで、もしどうしてもシックな色が好きという人は、ピンクや赤や緑をワンポイントに使ってください。マニキュア、アクセサリー、時計のベルト、手帳のカバー、テーブルに飾る小物類など、ちょっとした部分にこうした色を配すと、モノトーンだった空間がきゅっとひきしまって陰陽のバランスが取れ、恋愛波動も良くなります。
男性でも、ワインレッドなど赤系統の色を取り入れてみてください。女性の見る目が変わってきます。

 

東南にパワースポットをつくりましょう。スポットの中心にローズクォーツを置き、紙に「運命の人」とか「結婚相手」と書いて封筒などに入れて供え、アロマをたき、キャンドルを灯します。そして毎日「運命の人」と自分が出会う様子をイメージし、そのイメージをパワースポットに送ります。
ただしここで注意してほしいのは、運命の人があなたに幸運をもたらすとは限らないということです。あなたに災いをもたらす運命の人もいれば、安らぎをもたらす運命の人もいます。「運命の人」、もしくは「運命」そのものは、あなたのイマジネーションの数だけ無数にあり、それを選び取るのはあなた自身だということを理解しておいてください。
自分がどんな運命の人と出会いたいか、あるいはどんな人生に進んでいきたいか、自由に想像してみてください。「想像したって本当にそうなるわけなんかない」と思ったとしたら、あなたは可能性の扉を自分で閉じてしまったことになります。人間はもっと自由でパワフルな生き物です。もしどうしても想像できななら「自分を幸せにしてくれる人」をイメージしてキャンドルを灯すとよいでしょう。

 

まず部屋の中央か、西方位、東南方位のどこにパワースポットを造ります。形態はどのようなものでも良いですが、ローズクォーツ、お香、キャンドルは必須アイテムです。お香やキャンドルは、一番自分らしさを表現していると思う香りや形のものを選びます。そして、お目当ての異性の写真か、持ち物、髪の毛などを手に入れ、それをパワースポットに供えます。
あとは、キャンドルの光の前で規則正しい呼吸を繰り返して瞑想し、お香の煙がローズクォーツを通って流れていき、お目当ての異性の所にまで届いているようすをイメージします。その後は、自分と相手がデートしている様子などを自由に思い描きます。これを毎日繰り返すことで、あなたの想いは必ず相手に伝わり、思い描いたシーンが徐々に現実化していきます。
イメージするときのコツは、「自分は夢想しているだけ」とは絶対に考えないで、「近い将来の様子をのぞき見ているのだ」と思いこむことです。

 

まず部屋の中央か、西方位、東南方位のどこにパワースポットを造ります。形態はどのようなものでも良いですが、ローズクォーツ、お香、キャンドルは必須アイテムです。お香やキャンドルは、一番自分らしさを表現していると思う香りや形のものを選びます。そして、お目当ての異性の写真か、持ち物、髪の毛などを手に入れ、それをパワースポットに供えます。
あとは、キャンドルの光の前で規則正しい呼吸を繰り返して瞑想し、お香の煙がローズクォーツを通って流れていき、お目当ての異性の所にまで届いているようすをイメージします。その後は、自分と相手がデートしている様子などを自由に思い描きます。これを毎日繰り返すことで、あなたの想いは必ず相手に伝わり、思い描いたシーンが徐々に現実化していきます。
イメージするときのコツは、「自分は夢想しているだけ」とは絶対に考えないで、「近い将来の様子をのぞき見ているのだ」と思いこむことです。

 

Copyright(C)2008 風水なび All rights reserved.